By Jack Filiba
Updated on May 30, 2019, 17:56 PM

ブロックチェーン大手ConsenSysリーダー「ブロックチェーンは信頼の再割当」

 

ueditor_9c9f52aa2ea084490d3625802a6bf2f0.jpg


「ブロックチェーンは世間で騒がれるほど混乱を巻き起こしている訳ではありません。それよりも、“信頼を再割り当てする”象徴だと思います。」

 

LongHashは、6月初旬にシンガポールで開催予定のDLT Compass カンファレンスに向けて一連のインタビューを行い、政府や企業でブロックチェーン技術がどのように活用されているかを探ってきました。

そこで印象に残ったのが上記、ConsenSys(コンセンシス)のアジア太平洋地域リーダーを務めるヴィネイ・モーハン氏によるコメントです。

 

ConsenSysは数百名以上の従業員を抱えるブロックチェーン特化型企業です。モーハン氏とのインタビューでは、よく「社会の信頼を混乱させるツール」と思われがちなブロックチェーン技術について、現代社会の企業および政府がもつべき正しい考え方についてお話を伺いました。さすがブロックチェーン界の重鎮といわれるConsenSysのリーダー(!)、非常に興味深い回答を返していただきました。

 

「“信頼を高めてそこからメリットを得たい”という目的のために、企業や政府がたとえばパブリックのイーサリアムやビットコインのような高度に分散化したシステムを導入する必要はないんです。」

 

また、「組織としてブロックチェーンの波に乗る場合は、その意図をきちんと確認すべき」というモーハン氏。ブロックチェーン事業への参画を希望する企業ないし政府のそれぞれにおいて、ブロックチェーンを使って何を実現したいのか、ピア間で信頼が再割り当てされるこの世界と今後とどのようにかかわり続けていきたいのかを明確にする必要があるということです。

「真の」ブロックチェーン論議は時期尚早:定義固めは進化を阻害する

ブロックチェーンおよび分散型技術を信奉する人たちは、たいていブロックチェーンをプライベートで実装することに批判的です。中でも、これらの技術を純粋に追及する純正主義者の間では、「このような実装形態は単に分散データベースでしかなく、“真の”ブロックチェーンとは呼べない」という辛辣な意見も聞かれます。

 

「ブロックチェーンはまだ初期段階で、分散化や信頼といったものの構築についても今後さらに広がっていくと考えられます。“真のブロックチェーン”の定義についていま明確に線を引いてしまうのは危険です。許可型ないしプライベートなブロックチェーン上での実験やプロジェクトなど、貴重な試みを制限してしまうことになりかねません。」

 

「ブロックチェーンは進化を遂げる旅の最中にあります。ワールド・ワイド・ウェブが進化したときも、イントラネットなどの新たな実験場が生まれてきましたよね。これと同じです。プライベートおよび許可型ブロックチェーンを活用すれば、パブリックネットワークの導入をさらに加速させることができます。」

 

ブロックチェーン技術とその他の分散型台帳技術(DLT)には明確な違いがあり、企業はブロックチェーンの実装に入る前にこの点を認識する必要があります。たとえば、ブロックチェーンと比べて「DLTの実装はブロックにデータを書き込むこともなく、仮想通貨の経済モデル基盤に準ずることもない」のが特徴です。

「分散型」は信頼構築のキーワード

「ブロックチェーンは次世代のデータベース技術として、より信頼性の高いシステムの構築に役立ちます。この信頼性は分散型という概念からくるものなんです。」

 

モーハン氏によると、ConsenSysと企業・政府とのやり取りでは、「分散型のプラットフォームが中央集権型のプラットフォームおよびシェアリングエコノミーからどのように進化を遂げてきたのか」という点に注目が集まるそう。

 

「どちらかというと徐々に進化を遂げていった訳で…、すぐに抜本的な変化が起きたわけではありませんが、このモデルを採用するにあたってはまず分散型の原理を知っていただくことが一番の近道です。」

 

企業や政府主導で立ち上げられたブロックチェーンプロジェクトの成功例としては、komgo、Project i2i、AURA consortium、ProjectUbinなどがあります。また、シンガポールとカナダの中銀が実施している中央銀行のデジタル通貨決済イニシアチブ「Project Jasper」も注目プロジェクトのひとつです。

 

DLT Compassについて】

企業とブロックチェーンプロジェクトをつなぐことによりイノベーションの創出を目指す、LongHash主催のカンファレンスです。2019年6月6日~6月7日の2日間にわたってシンガポールで開催します。


英語版:https://www.longhash.com/news/345


MORE NEWS